卒業生の声

img

法政大学法学部国際政治学科3年
2014年度卒業
髙林舞桜

オーストラリア研修が世界に興味を
持つきっかけになった

■在学中にがんばっていたこと

中高生活でもっとも打ち込んだのは6年間続けたブラスバンド会の活動です。活動を通じてチームの一員として仲間と協力すること、個人で課題解決に取り組む力を学びました。

■在学中の印象深い出来事

もっとも印象に残っているのは中学2年生のときのオーストラリア語学研修です。日本に住んでいると、日本の考え方が正しいと思いがちですが、多種多様な文化や人を受け入れるという点ではグローバル・スタンダードではないのだと気づかされました。この気づきをきっかけに世界に興味を持つようになり、今の学科への進学を決めました。

■後輩たちへのメッセージ

学校生活を送る上で大切にしてほしいことは「自分軸」を持つということです。「皆がやるから」ではなく「自分がやりたいから」という意志を必ず持ってほしいです。「自分軸」で経験を重ねるほうが、人に流されてやるより何倍も成長することができると思います。