【法政高校陸上部】法政高校陸上部女子都駅伝歴代記録更新

2017/11/06

Hosei High Go, Seize the Day.
今、この瞬間の輝きをつかめ

陸上部が試合前や大切な練習の前に行うのは円陣ではなく、Huddleと呼んでいます。
11月3日(文化の日)、全国高校駅伝東京都予選会に出場しました。
雨予報も高校生の熱気に押され、見事な快晴。陸上部にとっての甲子園予選が開催されました。
法政高校陸上部は、中学に陸上部もなく、ほとんどの部員が陸上未経験からのスタート。
それでも、最新の科学をもとにしたデータによるトレーニングや、スポーツ心理学などをもとに独自の練習を積んできました。

練習時間も決して多くはありません。文武両道、人間的成長を大切にしてきました。
駅伝はチームスポーツ。
それぞれのポイントで算出したタイムで来ているかどうかサポートに回った部員も全員で戦いました。

これまで陸上部は過去最高が26位、85分58秒。2年連続の同順位、同タイムでした。先輩達が本気で立ち向かっても跳ね返された壁。

あれから3年。

直前ミーティングで選手を発表し、選ばれた選手達が一言ずつ話をしました。中には泣き出してしまって話すことができなくなる部員もいました。去年、3年生1人、1年生4人で挑み、自分達の弱さを痛感したこと。それからの1年、毎回の練習が自分との戦いだったこと。そして挑んだ2017年都駅伝。

1,2年生のみのチームで挑んだ都駅伝。

過去最速タイム85分04秒、最高順位22位をつかみました。今のメンバーで走れるのもあと1年。

積み重ねた練習記録用紙が山のようになる頃、またこの地へ帰ってきます。

次は11月26日(日)、2連覇のかかる三鷹駅伝です。