中学3年の広島・長崎に関するリモートによる平和学習

2021/03/15

 今年度、コロナウィルスの感染拡大の影響で中3広島長崎修学旅行の代替行事として、3学期に広島・長崎の被爆遺構や慰霊碑などに関する調べ学習と発表会、千羽鶴作成を行なってきました。その仕上げとして、3月10、11日に、広島・長崎を本校教員が訪ね、ZOOMを用いて現地からリモートで爆心地を中心とした現地見学を行ないました。この取り組みを通じて、多くの生徒が、広島・長崎における原爆被爆の実相をあらためて深く知り、平和の大切を心に刻む機会となったと受け止めています。
 長崎で、NCC長崎文化放送の取材、インタビューを受けました。
 
Yahooニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/b1809038df99e901f6bc06613849367842327665
NCC長崎文化放送 ホームページ 3月11日のニュース
https://www.ncctv.co.jp/category/news