進路

進路指導プログラム

付属校のメリットをいかし、進路を切り拓く

 大学付属校であることをいかし、大学見学や説明会、卒業生による講演をはじめ、法政大学推薦入学の内定後、高3の3学期には、論文やレポート作成など、大学進学に向けてさまざまな取り組みを行っています。こうした取り組みに加え、担任との面談や適性検査なども通じて、自分自身を見つめたり、将来の自分のイメージを深めていきます。

法政大学キャンパス見学会

 高校1年生で実施しています。市ヶ谷・多摩・小金井の3キャンパスを見学するとともに、大学とはどのようなところであり、どのようなことを学ぶのかなど、すべての学部の教授から説明を受けます。法政大学や様々な学問を知ることで、自分の興味関心や可能性をはじめ、高2・高3の選択授業で学ぶことや将来の進路などをじっくり考えるきっかけになります。

OB・OG講演会

 高校2年生で実施しています。法政大学に進学した卒業生を各学部から招き、どんな夢や目標を持ち、大学でどんなことを学んでいるのか、そのために高校時代にどんなことが大切なのかなどをテーマに講演してもらいます。「なりたい自分」をイメージするためには、大学で活躍している卒業生の姿や話は大いに参考となります。これをきっかけに、将来の 進路をより具体的なものにし、高校3年次の学習につなげていきます。

進路情報室

 卒業後の進路を決定していくにあたって、生徒一人ひとりに合わせてサポートできるよう進路情報室を設置しています。ここでは教員や職員と面談・相談することができ、幅広い分野の中から、自分にあった進路選択ができるようにサポートしています。法政大学の各学部の研究内容をはじめ、他大学入試にかかわる内容など、様々な情報を生徒に提供しています。