【演劇部】夏休みの活動報告

2021/09/15

夏休みには計17回、活動しました。中学生は恒例の文化祭公演ができないため、10月に校内発表の場を設けることを目指して、脚本の選定、オーディション、役決めなどを行い、本格的な稽古に入りました。高校生は10月9日の地区大会での発表に向け、オリジナル脚本の制作に挑戦し、産みの苦しみを経て稽古を開始しました。
また、個人の活動ではありますが、希望者で「ぞうれっしゃがやってきた」の観劇に出かけたり、高校生が都の演劇連盟の講習会などにも参加したりして、研鑽を積んだ夏でした。