_mg_320705

本校の社会科教育がめざすもの

 いま、私たちは、21世紀という時代を生きています。そして、これから本校で学ぶ皆さんが大人になる10年、20年先には、皆さんがこの21世紀の中心的な担い手となっているはずです。

 社会科は、私たちが生きている、この社会がどのようなものであるのかを知り、やがては、この社会の形成者として主体的に生きていくために、どのように考え、行動すれば良いのかを学ぶ教科です。将来、民主的な社会の形成者として、「学び、調べ、行動できる」、その基礎となる認識と力量、そして、意識を形成します。これが本校の社会科教育の目標です。

【高校1年生】

 高1では、<現代社会>と<世界史A>を学習します。

<現代社会>では、現代の日本と世界が、どのような状況にあるのか、どのような問題があるのかを中心に学びます。いま起きている問題を取り上げながら、自ら調べ、学ぶことを大切にします。毎日のニュースにも関心を持ち、事実に基づき、様々な立場や見方を学び、それらを参考にして、自分の考えを持つことが大切です。

<世界史A>では、現代の社会がどのように形成されたのか、世界の歴史をさかのぼることで理解を深めることを目指します。近代以降、世界の人々はどのような社会を目指して生きてきたのか、世界の一体化はどのように進み、世界の諸地域の関係はどのように築かれたのか、近現代の世界の歴史を学び、グローバルな視点を持って生きていくための基礎を学びます。

【高校2年生、3年生】

 高2・高3では、<政治・経済>と<日本史B>を2年間にわたって学習します。

<政治・経済>では、なぜ、そのような現象が起こるのか、どうすれば問題を解決することができるのかを考え、社会の構造や理論を中心に学びます。現在の政治や経済の課題についての理解を深め、大学での学習や研究につながる力の習得を目指します。

<日本史B>では、高1での世界史学習を基礎として、幕末・開国後から現代までの日本の歴史を学びます。現代は、近代の歩みの上に築かれています。近代から引き継がれる課題は何か、引き継ぐべき教訓は何かを学び、考えます。高2では、近代の日本の歴史を学び、高3では、戦後の日本の歴史を、世界の動きとも関連させながら学び、私たちが生きている現代の課題を考えます。