_mg_320705

本校の数学教育がめざすもの

 よく理数系などという言葉を耳にするために、数学はどちらかというと「理科」と密接な結びつきがあるようなイメージがあります。確かに数学と理科は自然科学の分野において、切っても切れない関係にありますが、だからといって理科とだけ結びつきがあるのではありません。現代ではものを売ったり買ったりする場面や、最小のコストで最大の利益を求めるようなときに、過去の実績やそれらの分析が必要とされています。データを利用・分析し、その結果を役立てていくことは、現実に行われている数学の応用の一つなのです。ところで、これらの実践的な実社会への応用は、すべて皆さんが学校で学ぶ数学が基礎となっています。十数行もかけて説明しなければならない理論を、皆さんが学ぶたった一行の式で表すこともできるのです。数学は「理系」をはじめとして、様々な「自然科学」「社会科学」を学ぶための道具となるのです。
 法政大学高等学校では文系、理系進学者を問わず、高校3年生まで数学を必修授業で受けることになります。これは、将来どのような進路を選択するにしても、 物事の本質をとらえ、論理的な思考力をもって問題を解決に導いていくことができる力が必要であると考えるためです。数学を道具として、そして数学を学ぶことによって身につける論理的な思考力によって、将来自分が直面する様々な問題の解決に役立ててほしいと考えています。

カリキュラムの特徴

 数学I、数学II、数学A、数学Bの教科書を使います。
 特に高1での2次関数、三角比、順列組合せ、確率の箇所は、高校3年間の数学を学ぶうえで、もっとも基礎となる内容ですので、この部分には特に力を入れていきます。
 高校2、3では、文系理系問わず、すべての生徒が微分・積分を学んだり、他校ではあまり扱われない行列や統計などの分野も学習します。将来どのような進路選択であっても対応できる幅広い分野を学習します。
 また理工系、医歯薬系の進路を希望する生徒に対しては、必修授業に加えて「数学III」などの進学に必要な教科を選択授業で受講します。センターテスト対策や大学の理工系学部に進学後を見据えた高度な問題に取り組む講座も設置されることになっています。

【高校1年生】

 高校での高度な学習に必要となる知識と学力、学習習慣を身につけることを目標に授業が行われます。特に、2次関数、三角比、順列組合せ、確率、データ分析については、しっかりと学力が定着できるようにしていきます。数学I(週4時間)、数学A(週2時間)の2科目がありますが、数学Aの2時間は習熟度別に授業を展開します。

【高校2年生】

 数学II(3)、数学B(2)の2科目です。高2では、様々な関数と微分・積分、数列、ベクトルについて学びます。また、選択授業や特別講座では、学力テストやセンターテスト対策のための講座からリメディアル講座も設置し、生徒の希望に合わせて幅広く対応していきます。

【高校3年生】

 必修授業は週2時間です。本校では文系、理系を問わず大学進学後に必要となる線形代数学や統計学の基礎となる内容を扱います。また、理工系、医歯薬系を希望する生徒に対しては、必修授業のほかに「数学III」など理系に必要な選択授業を受講します。数列や関数の極限、いろいろな関数の微分、積分とその応用を、しっかりと身につけていきます。