_mg_320705

本校の情報科教育がめざすもの

 情報化は、日々進歩しています。例えば、コンピュータは、年々処理能力も高くなり、機能も豊富になっています。それにより、これまでは、不可能だと思われていたことが可能になっています。その基礎となっている情報通信技術の進歩には、目覚しいものがあります。そのしくみや影響を、知りたいとは思いませんか?
 皆さんは、小学校や中学校で、情報機器の使い方など、情報化にかかわることを色々な形で学んできたことと思います。高等学校の教科の「情報」は、情報化について、それまで学んできたことの集大成となる学習です。

【高校1年生】

 高校1年生では、以下の内容を学びます。

  •   〇1学期
  •    ・メディアリテラシー…ネット社会との付き合い方、AI、著作権①、肖像権、個人情報、広告の機能・種類・内容・役割
  •    ・コンピュータリテラシー…ポスター作り
  •   〇2学期
  •    ・メディアリテラシー…新聞の役割、内容、新聞の読み方、産業財産権、著作権②、パワーポイント、発表の仕方
  •    ・コンピュータリテラシー…新聞作成、発表
  •   〇3学期
  •    ・メディアリテラシー…レポートの書き方
  •    ・コンピュータリテラシー…HTML(プログラミング)、レポート


 上記のような実習を通じてネットの世界や社会でのルールを学びます。世の中にはやれば出来てしまうけど、やってはいけないことが沢山あります。著作権、個人情報など。法律で決められていることですが、どのように決められるのか、そうして決められるのか、どこまで決められるのか、それを知っている人は少ないはずです。 また、プロジェクトでは班で取り組む課題も多数あります。その際には、みんなで役割を分担して課題を行う必要があります。従って、みんなで課題を行う際のルールやタイムリミットなどもあります。権利が認められるには義務を果たす必要があり、義務を果たさない人には権利を行使する資格はありません。気持ちのよい社会を持続させるためのルールを守るということもこの授業からしっかりと学んでください。